インフォグラフィックス ギャラリー

Release: 2018/03/19

キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018

JCBの調査によると、新年度の目標1位は4年連続で「貯蓄」。
昨年1年間で増やせた貯蓄額を、普段の買い物の支払い方法によって分けたタイプ別にみると、クレジットカードやデビットカードなどをよく利用する「キャッシュレス派」の平均貯蓄増加額は87.6万円で、「現金派」の平均貯蓄増加額(32.5万円)の2.7倍となりました。
インフォグラフィックでは、過去3年間のそれぞれのタイプの貯蓄額の推移や、「キャッシュレス派」の賢いお金管理方法について調査した結果を紹介しています。

より詳しい調査結果はJCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」を発表のページにてご覧頂けます。

次のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:NPB Draft Database Since 2000 インフォグラフィックス:キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018 インフォグラフィックス:「桐谷広人流」優待株投資のすすめ|KIRIKABUジャーナル インフォグラフィックス:こう変わる!大学入試 ~進む大学入試改革~ インフォグラフィックス:世界の都市総合力ランキングの10年 インフォグラフィックス:銀行のサービスに利用者は何を期待するのか? インフォグラフィックス:商品購入においてネットがどう影響しているのか? インフォグラフィックス:宇宙でのすごし方
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop