インフォグラフィックス ギャラリー

Release: 2017/05/25

大学入試の昔と今 比べてみるとこれだけ違う!

2020年1月の実施を最後にセンター試験は廃止され、新たな試験への移行が予定されています。今後ますます変化していく「大学入試」。そんな大学入試事情の今(2015年)と昔(1990年)を比較し、各時代の特徴をインフォグラフィックでまとめています。

  • 【概要】
  • ・親の時代と子どもの時代では大学入試は大きく変わっている
  • ・4年制大学への進学率はこの25年で17.8%から48.9%に増え、今は2人に1人が大学へ進学する時代に
  • ・少子化により18才人口が減少しているが、大学数は増加
  • ・社会状況に応えて、学部名や入試方法が変化
  • ・社会構造の変化に伴い、求められる人物・教育のあり方・入試内容も変化しつつある

本インフォグラフィックは、大学入試の昔と今 比べてみるとこれだけ違う! | 河合塾で公開されました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:世界の都市総合力ランキングの10年 インフォグラフィックス:銀行のサービスに利用者は何を期待するのか? インフォグラフィックス:商品購入においてネットがどう影響しているのか? インフォグラフィックス:宇宙でのすごし方 インフォグラフィックス:宇宙旅行モデルコース インフォグラフィックス:イチローの「記録」と「記憶」~web ver. インフォグラフィックス:イチローの「記録」と「記憶」~画像ver. インフォグラフィックス:大学入試の昔と今 比べてみるとこれだけ違う!
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop