インフォグラフィックス ギャラリー

Release: 2017/04/13

日本の農業 オモテウラ

人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあります。本インフォグラフィックでは、一部のデータだけで捉えることはできない「日本の農業の現況」について、平成23年と平成27年の状況を比較し、5年間の変化を探っています。

  • 【概要】
  • ・日本の農業人口は減少し続けている反面、新たに農業に参加する「新規就農者数」は近年増加傾向にある。
  • ・就農者の高齢化に対し、新規就農者については年齢が若い人の割合が増えている傾向にある。
  • ・日本全体の耕地面積は縮小しているが、一経営体当たりの耕地面積は拡大している。
  • ・人の力に頼る農業から、ITを活用した業務効率化の動きが始まっている。

本インフォグラフィックは、データのじかん(ウイングアーク1st)|日本の農業、5年でどう変わった?で公開されました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:世界の都市総合力ランキングの10年 インフォグラフィックス:銀行のサービスに利用者は何を期待するのか? インフォグラフィックス:商品購入においてネットがどう影響しているのか? インフォグラフィックス:宇宙でのすごし方 インフォグラフィックス:宇宙旅行モデルコース インフォグラフィックス:イチローの「記録」と「記憶」~web ver. インフォグラフィックス:イチローの「記録」と「記憶」~画像ver. インフォグラフィックス:大学入試の昔と今 比べてみるとこれだけ違う!
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop