インフォグラフィックス ギャラリー

インフォグラフィックデザイナー募集 >>

Release: 2016/10/18

10年で労働力が増えた県、減った県

日本の「労働力人口」にはどのような変化があったのでしょうか?

総務省「労働力調査」から、2006年と2015年の労働力人口(就業者+完全失業者)を比較。労働力人口が増えた県を赤、減った県を青で色分けしインフォグラフィックで表現しています。

労働力人口が増加したのは東京都・沖縄県・神奈川県・愛知県・千葉県・福岡県のみで、これ以外の都道府県は全て減少しているという結果が明らかになりました。

2位にランキングした沖縄県の労働事情を見てみると、県外から立地するIT関連企業が増えているようです。

本インフォグラフィックは、マイナビ転職|47都道府県の「はたらく事情」 労働力が「増えた県」「減った県」で公開されました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:パスタは太る??その思い込みがひっくり返る!! インフォグラフィックス:年末年始のツイート予想 インフォグラフィックス:Twitter上のアイドルコミュニティ インフォグラフィックス:春のツイート予想 インフォグラフィックス:ツイートからわかる恋愛と美容の傾向 インフォグラフィックス:10年で労働力が増えた県、減った県 インフォグラフィックス:EM 小さな微生物の大きな力 インフォグラフィックス:日本の冷菓事情 都道府県ランキング
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop