インフォグラフィックス ギャラリー

Release: 2012/4/18

大学1・2年生100人に聞いた!SNSの利用実態調査

首都圏大学の1・2年生100人に、SNSに関するアンケート調査を行った結果を一枚の絵にまとめたインフォグラフィックです。twitter、facebook、mixi、google+のうち、一番身近なSNS、各SNSの使い分け方、ログイン方法・投稿頻度、実名で登録しているか等を質問したところ、18~20才の大学生にとってSNSは非常に身近な存在であり、居場所が特定できるような個人情報も抵抗なく投稿しているという実態が明らかになりました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:NPB Draft Database Since 2000 インフォグラフィックス:キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018 インフォグラフィックス:「桐谷広人流」優待株投資のすすめ|KIRIKABUジャーナル インフォグラフィックス:こう変わる!大学入試 ~進む大学入試改革~ インフォグラフィックス:世界の都市総合力ランキングの10年 インフォグラフィックス:銀行のサービスに利用者は何を期待するのか? インフォグラフィックス:商品購入においてネットがどう影響しているのか? インフォグラフィックス:宇宙でのすごし方
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop