インフォグラフィックス ギャラリー

Release: 2017/9/13

商品購入においてネットがどう影響しているのか?

アドビは、全国の男女を対象にアンケートを実施。本インフォグラフィックでは、家電・家具・洋服のカスタマージャーニーにおいて、購入時の情報源や購買後の行動などをまとめています。

  • 【概要】
  • ・商品の最初の認知は、年代問わず店頭が多い。
  • ・情報収集や比較検討は、web・SNSの利用が最も高い。
  • ・マスメディアの信頼性は、web・SNSに比べ低い傾向にある。
  • ・情報共有の行動は、商品によって分かれる。
  • ・購入した商品のブランドに対する信頼度と、接触媒体数は比例している。

本インフォグラフィックは、Adobe Digital Survey 消費者動向調査|商品購入においてネットがどう影響しているのか?で公開されました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:NPB Draft Database Since 2000 インフォグラフィックス:キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018 インフォグラフィックス:「桐谷広人流」優待株投資のすすめ|KIRIKABUジャーナル インフォグラフィックス:こう変わる!大学入試 ~進む大学入試改革~ インフォグラフィックス:世界の都市総合力ランキングの10年 インフォグラフィックス:銀行のサービスに利用者は何を期待するのか? インフォグラフィックス:商品購入においてネットがどう影響しているのか? インフォグラフィックス:宇宙でのすごし方
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop