インフォグラフィックス ギャラリー

インフォグラフィックデザイナー募集 >>

Release: 2014/11/20

2.5軒に1軒は空き家!?迫り来る! お隣さんは空き家時代

住まいに関するインフォグラフィックを連載しているLivinGraphics(リビングラフィックス)で公開された、日本国内の「空き家率」に関するインフォグラフィック。

人口は減り続ける一方で、住戸数は1年で67万戸も増え続けている日本。このままでは2040年の空き家率は約40%、つまり2.5軒に1軒は空き家という状態になると推測されています。
国内で最も空き家率の高い都道府県は山梨県(17.2%)、最も低いのは宮城県(9.1%)ですが、上位5位までを見ると四国の空き家率が高い事が分かります。
その他、空き家を解体しないほうが税金が低い日本の税制や、空き家率が30%を超えた当時のドイツの状況など、空き家についての情報を幅広く簡潔に紹介しています。

本インフォグラフィックはLivinGraphics(リビングラフィックス)で公開されました。

次のインフォグラフィックス前のインフォグラフィックス
インフォグラフィックス:パスタは太る??その思い込みがひっくり返る!! インフォグラフィックス:年末年始のツイート予想 インフォグラフィックス:Twitter上のアイドルコミュニティ インフォグラフィックス:春のツイート予想 インフォグラフィックス:ツイートからわかる恋愛と美容の傾向 インフォグラフィックス:10年で労働力が増えた県、減った県 インフォグラフィックス:EM 小さな微生物の大きな力 インフォグラフィックス:日本の冷菓事情 都道府県ランキング
全てのインフォグラフィックスを見る
pagetop